マンション管理会社 評判のTOPに戻る

モデルルームで調べる

好きなマンションがあった。だけどそのマンション本当に大丈夫なの?という不安、かなりあると思います。その際の一つのメルクマールとして見ていただけると幸いです。

マンションの近隣環境や日照、将来性をモデルルームで調べるという方法もあります。マンションの近隣環境、眺望や音、日照などの環境は生活にも影響します。ちなみに私の現在の賃貸マンションは、眺望はまずまず、日当たりは南向きでいい、ただ音が葛西橋通り沿いでトラックの音が1日中響くのでダメですね。5段階評価(◎・〇・△・×・●)で表すと〇、◎、×というところでしょうか。欲をいえば通りから100メートルでも奥に入りたかったですね・・。まあ仕方ないです。我慢はできます。

希望のマンションのバルコニーの前に眺望を遮る建物がないか、もしくは近い将来にできる予定があるのか、また周辺に工場や学校などの音の出る施設がある場合には、防音施設などの対応をしていただけるのかなどはとても重要な問題です。

眺望の件で一つ痛手を負ったことがあります。20歳のころ石巻に住んでいたのですが、2階建てマンションのうちの1階、隣は駐車場みたいな感じで空き地とも取れる場所、そこに急に6・7階建てのマンションが建ってしまった。布団は干せなくなるし、その件での話し合いには業者も応じないし、私達の不動産屋も知らなかったというし、工事の音で朝は目が覚めるし、イラついた。ただ学生の身分でお金もないから簡単に引越しもできない。日照も以前の半分もない。これを後で弟に聞いたら、「不動産業者は2・3年後の土地や建物の情報は多分入っているよ。その不動産屋も早く貸したかったから、その情報を言わなかっただけ、結果だまされたということになるかな、仕方ないんじゃない、我慢するしかないね」ということでした。このようなことは多分にあります。

首都圏・特に23区近郊でこういうことは当たり前のことなので、これを言い訳にはできないですが、地方の方は一度聞いておく必要があります。ただ不動産屋が本当のことを言う気がしないのが怖いですけど。

車の多いところでのガードレール、歩道や自転車道路、さらに横断歩道や信号などはついているか、23区、東京武蔵野、多摩東部地区あたりはこの点もおおむね合格ですが、多摩西部、神奈川東部、埼玉南部あたりになると怪しくなってきて、神奈川西部や千葉や埼玉北部、茨城になると不合格の場所が多いような感じです。これは圧倒的に都内が進んでいます。現在の江戸川区、また新宿区も日野市も在住経験がありますが、ここは合格です。他に行くとがっかりします。ここが都民でいたい一つの理由でもあります。

スーパーやドラッグストア、さらに子供の小さい家族の方は、公園や学校、医療機関や警察などが近くにあるかを確認しておくといいでしょう。また人通りの少ないところの街頭などはどうなのか。暗いところは怖いです。これも都内と埼玉や千葉では全然違います。犯罪率が大して変わらないので、この点でも都内に住みたいという理由もあります。

まあ私の場合が都内に住む1番の理由としては、仕事上で東京駅付近などの都心に行きやすいところです。さらに家賃のあまり高くないところ(それでも北海道や岩手、福島などの人にはあり得ないと言われます)ということ、2番目は市の財政の安定したところ、子どもとお子さん連れの多いところ、さらに風俗・ネオン街などの少ないところです。治安を重視しています。3番目は弟が特に地元日立と行き来をしたいのと高層マンションの少ないところ、いうことということで総合して江戸川区にいます。

ちなみに私の大家さんのマンションは満室をキープしています。江戸川区のマンションの入居率は震災で少し落ちたようですが、まだまだいい数字をキープしているように見受けられます。さすが23区の一角ですね。これが日野あたりだと入居率が3分の2程度しかないような気がします。駅前はいいのですが、駅を離れるとダメですね。

モデルルームでもどこまで調べられるかは微妙ですが、可能な限りのことを聞いてください。

この情報はSUUMOの首都圏版の無料配布の雑誌を参照です。どうもです。
関連コンテンツ

管理会社を変更したい方はこちら

「管理会社を変更したい」という管理組合・理事会さんは、第三者の専門家・相談窓口に相談してみると良いでしょう。 マンションの相談にのっている信頼できる相談窓口を紹介しておきます。 『財産管・・・

管理費を見直したい方はこちら

「管理費を見直したい」「管理費を下げたい」という管理組合・理事会さんは、第三者の専門家・相談窓口に相談してみると良いでしょう。 マンションの相談にのっている信頼できる相談窓口を紹介しておきます。・・・

絶対的規約事項とは

マンション管理規約には「絶対的規約事項」があります。 「絶対的規約事項」必ず定めなければならない規約です。 内容は、 規約共用部分 共用部分の共有関係 共用部分の共有持分割合 共用・・・

無断駐車を減らすには?

マンションのトラブルで多いのが無断駐車です。 居住者や来訪者が敷地内の空きスペースに勝手に駐車してしまったり、来客用駐車スペースを占有してしまうトラブルです。 荷物の上げ下ろしなど、常・・・

ペット飼育を完全禁止にしたい

マンションの三大トラブルの1つが「ペット問題」です。 近年はマンション競争の激化により「ペット可」のマンションも増えています。 しかし、動物嫌いの人もいますし、深夜に犬の鳴き声が長時間・・・

駐輪場が無法地帯に・・・

マンションの駐輪スペースは、1世帯に1台となっていることが多く、子供の成長などで自転車の台数が増えた場合などに自転車置き場が足りなくなって問題にあることが多いです。 それにより、共有部分である・・・

高齢化問題が深刻化

2013年の調査では「マンションに永住するつもりである」という人が52.4%に達しました。 マンションを最後の住まいと考えている人が増えています。 関東を中心に、高齢者がマンションに住・・・

植栽の管理方法

植栽の管理は資産価値に直結します。 古くなっても価格が落ちないマンションは、植栽の手入れが行き届いています。 市町村によって「緑化基準」というものが定められています。 敷地に対・・・

植栽を駐輪場にする

マンション購入時はわかりにくいことですが、実際に住み始めてみると、自転車の使用率が高まることがあります。 マンションの売り手側も、どちらかというと駐車場を重視して造る傾向にあり、駐輪場が広く取・・・

植栽関連のトラブル

自然や植物に対する考え方が人によって異なることが、マンションの植栽管理のトラブルに発展することがあります。 樹木保存の意識が高い伐採慎重派の人はいます。 マンション竣工時には「緑化基準・・・

自治会と管理組合の違い

自治会と管理組合は違うものです。 管理組合はマンションの共用部分の維持管理が主な目的です。 自治会は地域住民としての生活向上が主な目的です。 「町内会」のようなものです。 ・・・

自治会の会費

自治会(町内会)は、あくまでも任意加入ですので、 管理費から自治会費を支出することは、望ましくありません。 また、自治会の構成員は区分所有者だけではなく、賃借人等の占有者も含まれます。 ・・・

居住者名簿の必要性

マンションの居住者名簿を作りたくても、個人情報保護法や、名簿流出を恐れて、居住者の合意が得られずなかなか名簿を作成できないというケースがあります。 名簿を作る必要性にはいくつかありますので、そ・・・

居住者名簿に載せたくない

マンションの居住者名簿を提出したくない居住者は多いものです。 世帯主に留まらず、そこに住む家族全員の個人情報を外に出すのは、誰でも抵抗があります。 マンションの住人同士の交流があろうと・・・

居住者名簿用の家族構成届

災害時など緊急連絡が必要なときに備えて、居住者名簿や家族構成届を作成しておく必要があります。 居住者名簿や家族構成届は、適宜更新が必要です。 家族構成が変わっていたり、賃貸に出して賃借・・・

居住者名簿に載せる緊急連絡先

居住者名簿には緊急連絡先が載っていることが重要です。 居住者名簿の目的の1つは、災害など緊急時の連絡をとるためです。 緊急連絡先が載っていないと、有事の際に連絡をとることができなくなっ・・・

管理規約改定のトラブル例

管理規約改定のトラブルに多いのは、やはり「ペット問題」です。 あるマンションのペット飼育に関する管理規約は「他人に迷惑を及ぼす動物の飼育を禁止する」という条文がマンション使用細則に記載されていただ・・・

管理規約と細則に矛盾

そもそも「管理規約」と「細則」の違いは何でしょうか。 例えば、管理規約で「夜間に楽器演奏をしてはならない」とした場合、「夜間」とは何時から何時までを指すのかを示したものが「細則」です。 ・・・

普通決議と特別決議

普通決議と特別決議がありますので、違いをご紹介します。 普通決議とは、「区分所有者の過半数」が参加する会議で、「議決権の過半数の賛成」で可決する案件です。 簡単な変更などを決定する際の・・・

機械式駐車場のサイズが小さい

マンションの機械式駐車場のサイズが小さくて、車の出し入れができないケースがあります。 マンションの駐車場敷地の関係など、様々な要因がありますが、機械式駐車場で困る場合があります。 車幅・・・