マンション管理会社 評判のTOPに戻る

ペット飼育を完全禁止にしたい

マンションの三大トラブルの1つが「ペット問題」です。

近年はマンション競争の激化により「ペット可」のマンションも増えています。

しかし、動物嫌いの人もいますし、深夜に犬の鳴き声が長時間続くなど、トラブルは発生しやすくなります。

管理組合で決めるはずの飼育ルールの不整備や、飼い主のマナー違反、そもそもペット禁止のマンションなのにペットを飼っている人など、さまざまなトラブルが発生しています。

飼い主からすると「ペットは家族の一員」と思っている人も多く、感情的になる人もいて、解決が難しくなるケースが多いです。

ペット飼育に関するルールはマンションごとに異なります。

飼育が可能なマンションでも、動物の種類やサイズ、ある程度の制限を管理組合で設けているところが多いです。

飼育禁止のペットを飼うのは論外ですが、トラブルになりやすいのは飼育マナー・エチケット・鳴き声・臭いに関するものが多いです。

ペットをエレベーターに乗せたときに、他の人が乗ってきたのに抱えない人がいたり、共有部分やエレベーター内に臭いが残るなどの問題があります。

動物好きな人と動物嫌いな人は、考え方が正反対であることも認識しておかなければいけません。

マンションでのペット問題をまとめてみました。

動物嫌悪者の幼児体験等による動物嫌い・恐怖症、アレルギー体質

ペットに寄生する害虫や病気の感染

犬・鳥・発情期の猫などの鳴き声、フローリング床を走り回る音

犬・猫などに咬まれる・ひっかかれる可能性

共用部分に糞尿、散歩後の泥、ブラッシングによる毛の飛散、尿による腐食

共用部分やベランダなどでの糞尿の臭気

となっています。

ちなみに、ペット禁止のマンションであるにも関わらず、ペットを飼っているケ
ースも当然あります。

発見して注意をすると「友達のペットを一時的に預かっているだけです」とか 「迷惑はかけていないから大丈夫」とか「他の人もペットを飼っている」とか「販売業者からそんな話は聞いていない」など言い訳をしてくることが多いです。

購入時に管理規約や使用細則は確認するはずですが、販売業者が嘘をついて販売した場合は、重要事項の説明を果たしていないことになり訴えることができます。

ペット禁止のマンションは、このような問題を引き起こさないためにもペット禁止のルールを日頃から徹底することが重要です。

また、ペット可のマンションでも、自由にペットを飼ってよいわけではありません。

マンションは共同住宅のため、他の居住者に対して不快な思いをさせないようにしなければいけません。

どうしても自由にペットを飼いたければ、戸建に引っ越すなどしなければいけません。

共同の利益に反する行為は、義務違反者として必要な措置をとることができます。

ペット飼育については使用細則において詳細なルールを作成する必要があります。

しかし、ペット飼育のルールが曖昧なため、トラブルになるケースもあります。
飼育可能なペットの大きさを規定している場合でも、飼育初期には規定以内の大きさでも、成長して規定を超えてしまうこともあります。

頭数制限をしている場合、子供が産まれて規定頭数を超えてしまうこともあります。

曖昧なルールだと、後々トラブルになることがあるので、出来るだけ明文化しておく必要があります。

ルール違反者へのペナルティを決めておくと、より厳格な運用ができます。
禁止規定を無視して飼育している居住者を見た他の居住者もペットを飼い始め、

黙認状況となってしまうことがよくあります。

新たな入居者から管理組合に指摘が入り、大問題に発展してしまう場合があります。

事前のルール作成はペナルティの徹底など、早期に解決していくしかありません。

ペットのルール作成についてご紹介しておきます。

ペット飼育ルールを決めるときにおすすめなのがアンケート調査です。

アンケート作成の際は飼育反対派、飼育容認派どちらでもない公平中立な人や、第三者に作成してもらうと良いでしょう。

アンケートを元に管理組合としてペット飼育をどうするのか方向性を決めます。

ペット飼育に関する方向性は、
無条件で許可
一代限りにつき許可
制限付きで許可
ペット飼育の全面禁止
のパターンが考えられます。

ペット飼育を容認する場合は、ペットを飼いたいと思っている区分所有者が集ま
り、ペット飼育委員会などを設置して、詳細なルールを作成するのが良いでしょう。

ペット飼育細則で決めておくことは以下のようなものがあります。

飼育の明示義務

飼育の届出・審査・承認

遵守事項

飼育できる動物・禁止動物

飼育による損害賠償責任

違反に対する措置等

健康診断・予防接種義務

飼育動物の虐待防止

死亡した場合の措置

などです。

マンション管理は、経験のない一般の方には難しいものです。

管理がずさんな管理会社も多く、注意が必要です。

マンションの相談にのっている信頼できる相談窓口を紹介しておきます。

財産管理相談センター

「財産管理相談センター」は、公平中立な第三者の立場で、無料でマンション管理の相談にのってくれる相談窓口です。

「財産管理相談センター」は管理会社、施工会社、設計コンサルタントではありません。

「売り手」ではないため、管理組合・理事会目線で相談にのってくれます。

マンション管理の「セカンドオピニオン」として活用してみると良いでしょう。

また、必要があれば信頼のおける優秀な専門業者も紹介してくれます。

相談実績も多く、たくさんの相談を受けています。

相談料は無料ですので、気軽に相談してみると良いでしょう。

『財産管理相談センター』へのお問い合わせはこちら
関連コンテンツ

管理会社を変更したい方はこちら

「管理会社を変更したい」という管理組合・理事会さんは、第三者の専門家・相談窓口に相談してみると良いでしょう。 マンションの相談にのっている信頼できる相談窓口を紹介しておきます。 『財産管・・・

管理費を見直したい方はこちら

「管理費を見直したい」「管理費を下げたい」という管理組合・理事会さんは、第三者の専門家・相談窓口に相談してみると良いでしょう。 マンションの相談にのっている信頼できる相談窓口を紹介しておきます。・・・

絶対的規約事項とは

マンション管理規約には「絶対的規約事項」があります。 「絶対的規約事項」必ず定めなければならない規約です。 内容は、 規約共用部分 共用部分の共有関係 共用部分の共有持分割合 共用・・・

無断駐車を減らすには?

マンションのトラブルで多いのが無断駐車です。 居住者や来訪者が敷地内の空きスペースに勝手に駐車してしまったり、来客用駐車スペースを占有してしまうトラブルです。 荷物の上げ下ろしなど、常・・・

駐輪場が無法地帯に・・・

マンションの駐輪スペースは、1世帯に1台となっていることが多く、子供の成長などで自転車の台数が増えた場合などに自転車置き場が足りなくなって問題にあることが多いです。 それにより、共有部分である・・・

高齢化問題が深刻化

2013年の調査では「マンションに永住するつもりである」という人が52.4%に達しました。 マンションを最後の住まいと考えている人が増えています。 関東を中心に、高齢者がマンションに住・・・

植栽の管理方法

植栽の管理は資産価値に直結します。 古くなっても価格が落ちないマンションは、植栽の手入れが行き届いています。 市町村によって「緑化基準」というものが定められています。 敷地に対・・・

植栽を駐輪場にする

マンション購入時はわかりにくいことですが、実際に住み始めてみると、自転車の使用率が高まることがあります。 マンションの売り手側も、どちらかというと駐車場を重視して造る傾向にあり、駐輪場が広く取・・・

植栽関連のトラブル

自然や植物に対する考え方が人によって異なることが、マンションの植栽管理のトラブルに発展することがあります。 樹木保存の意識が高い伐採慎重派の人はいます。 マンション竣工時には「緑化基準・・・

自治会と管理組合の違い

自治会と管理組合は違うものです。 管理組合はマンションの共用部分の維持管理が主な目的です。 自治会は地域住民としての生活向上が主な目的です。 「町内会」のようなものです。 ・・・

自治会の会費

自治会(町内会)は、あくまでも任意加入ですので、 管理費から自治会費を支出することは、望ましくありません。 また、自治会の構成員は区分所有者だけではなく、賃借人等の占有者も含まれます。 ・・・

居住者名簿の必要性

マンションの居住者名簿を作りたくても、個人情報保護法や、名簿流出を恐れて、居住者の合意が得られずなかなか名簿を作成できないというケースがあります。 名簿を作る必要性にはいくつかありますので、そ・・・

居住者名簿に載せたくない

マンションの居住者名簿を提出したくない居住者は多いものです。 世帯主に留まらず、そこに住む家族全員の個人情報を外に出すのは、誰でも抵抗があります。 マンションの住人同士の交流があろうと・・・

居住者名簿用の家族構成届

災害時など緊急連絡が必要なときに備えて、居住者名簿や家族構成届を作成しておく必要があります。 居住者名簿や家族構成届は、適宜更新が必要です。 家族構成が変わっていたり、賃貸に出して賃借・・・

居住者名簿に載せる緊急連絡先

居住者名簿には緊急連絡先が載っていることが重要です。 居住者名簿の目的の1つは、災害など緊急時の連絡をとるためです。 緊急連絡先が載っていないと、有事の際に連絡をとることができなくなっ・・・

管理規約改定のトラブル例

管理規約改定のトラブルに多いのは、やはり「ペット問題」です。 あるマンションのペット飼育に関する管理規約は「他人に迷惑を及ぼす動物の飼育を禁止する」という条文がマンション使用細則に記載されていただ・・・

管理規約と細則に矛盾

そもそも「管理規約」と「細則」の違いは何でしょうか。 例えば、管理規約で「夜間に楽器演奏をしてはならない」とした場合、「夜間」とは何時から何時までを指すのかを示したものが「細則」です。 ・・・

普通決議と特別決議

普通決議と特別決議がありますので、違いをご紹介します。 普通決議とは、「区分所有者の過半数」が参加する会議で、「議決権の過半数の賛成」で可決する案件です。 簡単な変更などを決定する際の・・・

機械式駐車場のサイズが小さい

マンションの機械式駐車場のサイズが小さくて、車の出し入れができないケースがあります。 マンションの駐車場敷地の関係など、様々な要因がありますが、機械式駐車場で困る場合があります。 車幅・・・